いぶし液「銀黒」で金色のネックレスを黒くしてみた。

先日店長から頂いた自由に曲がるネックレス。

 

楽天の品切れだったショップで3色あることを知り、店長にもう1色買って来てもらったんです。

 

頼んだのはゴールドで、買って来てくれたのも間違いなくゴールドなんですけど‥‥

20161205

キラッキラッの金色でした。

楽天で見たのはツヤ消しで所々黒っぽい色が混じったゴールドミックスだったので、てっきり同じ物だと思ってました^^;

 

さすがにこんなキンキラキンは着けられないけど、頼んで買って来てもらったので使わないと申し訳ない。。。そこでキンキラキンを消す方法を探した結果、シルバー製品をいぶし銀にする液を見つけました。

その名も‘銀黒’

何となく金メッキにも使えそうな気がしたので楽天で注文しました~。

20161205-1

中身は透明の液体です。

全体的に黒くする場合は液に浸けたりするそうですが、私は金色も残しつつまだらな感じにしたいので細い筆で少しずつ付けました。

最初はコツが分からなくて液を付け過ぎ、横にダーッと塗ったら一瞬で濃いグレーになったので慌てて水で洗い流したんですよ(苦笑)

20161205-2

矢印の方向に筆を動かし、ちょんちょんと押し付けるように付けてみました。

 

で、作業完了の図。

20161205-4

液を重ねて付けると色が濃くなるので色ムラを作る為に部分的に二度塗りして黒くし、塗り終わって10分位おいてから水で洗いました。

 

いぶし銀のネックレスと並べてみると・・・

20161205-5

色ムラが蛇っぽいです(笑)

‘銀黒’の正しい使い方は分からないけど、好みの感じに色付け出来たので私的には満足です。

 

装着した図。

20161205-6

キンキラキンよりは洋服に馴染む。

 

‘銀黒’はほんの少し使っただけなので、他のシルバー製品にも使ってみようと思います。

使う時の注意点は液が金属類に付着するとすぐに黒くなってしまうので、周りに金属類を置かない方が良いですよ。

透明の液だからと侮ってはいけませんww

 

スポンサーリンク