バイト先のNさんの話。

以前、バイト先のスーパーが閉店する事を書きました。

 

そのスーパーの閉店後に違うスーパーが入る事が二週間ほど前に決まったんです。

とりあえず確定ではあるけど、尋ねられても会社名は出さないでくれと言われてたんです。
専門店もどこが入るかまだ決まってないのでもちろん言えない。

 

昨日バイトに行ったらNさんが、

「(専門店街の)会長さんに、他の人に言いふらすなって怒られた。何も言ってないのに二回も注意されて泣けてきた。全部私のせいになってる」と怒ってたんです。

話してもいいのは、‘秋に違うスーパーが入るという事’なのでNさんに確認すると「それ以外は言ってない」と言う。

 

でも火の無い所に煙は立たないって言うじゃない?

Nさんが帰った後に会長さんが店の前を通ったので、何があったのか聞いてみたんです。

そしたら、他の専門店のオーナーさんが新店に入るかどうか決まってないのに入ると誰かに言われたらしく、その話の出所がうちの店だったそうで。2人のオーナーさんに同じ事を言われたから注意したらしい。

うちの店にはNさんと私もいるけど(笑)、私はお客さんに聞かれても‘何処かのスーパーが入るらしい’という事しか言ってないので、恐らくNさんが誰かに話したと思われる。

言った事を覚えてないのか?自分には非がないと思ってるのか?どっちなのか不明ですが。

 

向かいの店のWさんがNさんが注意されてる様子を見ていて、注意された直後にどこか(たぶん本社の営業の人)に電話して「全部私のせいになってる」と泣きながら訴えてたそうです。

営業はNさんの話しか聞いてないので可哀想だと思って慰めたでしょうね。

 

今までもNさんから誰かに「こう言われた」という話は度々聞いてたけど、いつも相手が悪い言い方をする。後で当事者、もしくは別の人からその時の状況を聞くとほぼNさんに非があったんです。Nさんが嘘をついてるわけじゃないけど他人には話さない部分が重要で、それを話さない事によって嘘をついてるようにも見える。

悪く見られたくないのか?自分は悪くないと思ってるのか?やっぱりどっちなのか分からない。

 

で、今日もバイトだったのでWさんに聞いた話です。

Nさんとよく話をする向かいの店のTさんがNさんの様子を気にして声を掛けたそうなんです。

そしたら無言だったので「あなた大丈夫?」と聞くと「別に大丈夫」と答えたそうなんですが、店に戻ったTさんがWさんに「あの子、病気よ」って言ったんだって。

Tさんは今年73歳、人生経験は豊富な人だ。そのTさんが見たところ様子がおかしかったらしいです。

そう言われると、私が行くといつもはなんだかんだ1時間位喋るのに今日は10分位話しただけで早々に帰ったので変といえば変だったかも^^;

 

スーパーの閉店が決まってからというもの、会うと閉店後の事ばかり話してたし、他店の人やお客さんとの会話もいつも閉店後の話だったみたいです。

閉店後の店の事、自分の仕事の事等々、4カ月も毎日同じ事、しかも自分ではどうにもならない事を考え続けてたら頭の中が麻痺しちゃうかもね。おまけにいろいろ注意されてるし。

 

Nさんはフルタイムで働いてるけど、社会保険どころか雇用保険にも加入してないので閉店したら何の保障もない。一応は人手不足の店のヘルプで入る事になってるらしいのだが、空いてる保障はない。しかも腹立たしい上司ばかりの会社だ。

この際、今の会社を辞めて他の仕事に就く事を勧めてるのだけど、会社の悪口は言うものの慣れた仕事を辞めたくなさそうだ。他の仕事を探した方があれこれ考えなくて済むと思うんだけどね。

まぁ、考え方は人それぞれなので無理強いはしないけど。

 

だけど早く今後の予定が決まらないとNさんの頭の中はどんどん崩壊していきそうな気がする。

私はどうしようもない事を考えるのは時間の無駄だと思うけど、自力では上手く切り替えできないし、かといって他人の助言も聞けないNさん。。。なんか可哀想だ。

閉店したら辞めたいとすでに話してるのでそれも原因の一つになってたら申し訳ないと思いつつ、今の世の中自分の思い通りにならない事だらけなんだから乗り越えないと・・・とも思う。

スポンサーリンク